乳幼児保健学会 第11回学術集会

 Japanese Association on Infant Health

テーマ

妊娠期からはじまる育児支援

【会長】園部 真美 (首都大学東京)

日時】2017年9月 16日(土) 13:00~16:30

【会場】首都大学東京荒川キャンパス 大視聴覚室(186教室)

    〒116-8551 東京都荒川区東尾久7-2-10

   ・日暮里駅・西日暮里駅から 舎人ライナー「熊野前」駅下車 徒歩3分

   ・王子・町屋駅から 都電荒川線「熊野前」駅下車 徒歩3分

    ※来場者用の駐車場はございませんので、お車での来場はご遠慮ください

【プログラム】

【特別講演】

「産むことは”出す”こと―妊産婦のメッセージを受けとめて―」

 みやした助産院院長  宮下 美代子 先生 

病院勤務を経て、1990年みやした助産院を開業。お母さんがもつ「産む力」と赤ちゃんがもつ「生まれる力」を引き出し、妊娠から出産、産後までをサポート。母乳ケアや育児相

談にも力を入れている。日本助産評価機構第一号認定を受け、神奈川県看護賞を受賞。

                                             ぽかぽか保育園、産後ステイなど地域に根ざした事業を展開している。国際医療福祉大学

                                             大学院修士課程修了。

ダウンロード
ご案内・プログラム.pdf
PDFファイル 1.0 MB

※ 尚、抄録集は当日参加された方のみに配布いたします。あらかじめご了承ください。

【参加費】会員2,500円 非会員3,000円 学生1,000円(当日受付にてお支払いください)

【一般演題募集(ポスター発表)】

 筆頭発表者は本学会員に限ります。学会員でない方は事前に入会をお済ませ

 ください。

 題名、所属、氏名を明記の上、1000字程度の抄録をwordファイルにて下記まで 

 メールでお送りください。 

 E-mail:2017jaih(at)tmu.ac.jp

     (迷惑メール防止のためこのような表記にしております。(at)を@にして送信下さい。) 

 演題登録期限:2017年7月31日(月)(受け付けは終了しました)

ダウンロード
第11回学術集会ポスター.pdf
PDFファイル 2.7 MB

講習会への参加は下記のフォームからお申し込みいただけます。

参加申し込み

必要事項をご記入いただき、最後に送信ボタンを押してください。

メモ: * は入力必須項目です

【問い合わせ先】

学術集会に関するお問い合わせは、E-mailにて下記までご連絡ください。

乳幼児保健学会 第11回学術集会事務局 

首都大学東京健康福祉学部看護学科 母性看護学内

E-mail: 2017jaih(at)tmu.ac.jp(迷惑メール防止のためこのような表記にしております。(at)を@にして送信下さい。)